2016年08月22日

やれば出来る

最近,ひどく足が遅くなった.
ランニングに出ても,身体が重くて,足が前に出ない.
15キロ程度のランニングでも,
1キロ5分台はおろか,6分をオーバーすることすらある.

もう,歳なのだろうか,と思う.


日曜日の昨日は,午後になって雲が出てきたので,3時半過ぎに走りに出た.
この時間に走れるとは,夏も終わりが近い.

少しペースを上げてみようと,最初から少し気合いを入れてみる.
おそらく,いきなり心拍数160/分というぐらいの負荷.

1キロラップを告げる電子音を聞き,手首のSUUNTOを覗くと,目に入った数字は5'25.
おいおい,これでキロ5分もキープできていないのかよ.

さらにペースを上げる.

坂道を下ったところで2キロの電子音,目に入った数字は10'20.
5分は切ったか…

そのまま,主観的には9割方の力を出して走ってみた.

1キロ走るごとに,次はもっと詰めよう,もっと詰めようとあえぎながら身体に鞭を入れる.

12キロの段階でトータル56分台まで詰めることが出来た.
1キロ平均が約4'40.これでフルマラソンを走り切れればサブスリーも夢ではないペース.

15キロ走ろうと思っていたので,最後は近所の公園を周回して終わろう.

公園に駆け込むと,
管理のおじさんが「5時閉門だよ!」と抱きつかんばかりにして止めようとしてきた.
「正門から出ますから!」
「わかった,頑張って!」

時計を見ると4時53分.
正門まではせいぜい500メートル,頑張らなくても間に合いますよ(笑)

正門を駆け抜けたところで,SUUNTOが13キロを告げる.
トータル60'40.1キロ4'40をキープ.

公園を出てすぐの階段を上ったら,もういっぱいいっぱいだったので
この日のランは終了とした.


でもさ,やればまだ出来るじゃん,俺.

昨年来の相棒,比叡山トレイルにも付き合わせたSUUNTO AMBIT2 は
残念ながらストラップが切れかけてるし,
新しい相棒でも手に入れるかな…

posted by いつかはシャマル at 13:17| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

蝉しぐれ

休日の朝、洗濯物を干しながらカナカナの声を聴く。
ふと、蝉はどうして鳴くのだろう、という問いが脳裏に浮かんだ。

リビングに戻り、小学6年の娘に問えば、
「生きた証を遺したいんじゃないの。聴く人の心にね。」と言ったきり、
こちらに背を向けて問題に取り組んでいる。
中学受験国語のやりすぎである。

仕方ないので独り、蝉の歌を作ってみた。

セミーセミーなぜ鳴くの?
みんなに聴いて欲しいから。
セミーセミーなぜ鳴くの?
生きた証を遺すため。
セミーセミーなぜ鳴くの?
知るかうるせえ、蝉だからだよ!

短気な蝉である。

昼は割引券を手に入れた妻の提案により、
家族そろってチェーンのラーメン店を訪れる。
私は、味噌ラーメンと餃子に生ビールをいただいた。
娘も、中華そばを肴にオレンジジュースを嬉しそうに飲んでいた。

午後5時過ぎ、近所の公園にてジョギング。
つい数日前の熱気を帯びた夕刻の空気とはうって変わって、
そこには、秋を感じる風があった。

まるで秋を前に生き急ぐかのように鳴き比べる蝉たち。
ジジジジジジ・・・
ミーンミンーンミーン・・・
カナカナカナカナ・・・
ツクツクボーシツクツクボーシ・・・

蝉にもカラオケバトルで前人未到の11冠を達成する者もあるのだろうし、
鳴こうとして鳴き方の分からぬまま、短い一生を終える者もあるのだろう。
しかし、蝉はみな鳴くのだ。

ジョギングコースが木々の生い茂る場所にさしかかれば、
聞こえてくるのは、まさに蝉しぐれ。
渾然一体となった声の中を駆け抜ける。

その時、ふと気付いた。
公園の周回路に小川から釣り上げたザリガニを並べて喜ぶDQNっぽい家族も、
心の中で悪態をつきつつ、一人、ザリガニを避けて走る私も、
その脇の芝生で幼子とのかくれんぼを愉しむ仲睦まじく映る3世代の家族も、
みな、この蝉しぐれの中にあるのだ。

帰宅してシャワーを浴び、
缶ビールを片手に、一人テレビのナイトゲームに向かう私の背中に、
娘が一言「蝉が鳴くのはさ、蝉だからだよね。」と声をかけた・・・


としたら出来過ぎであろうか。
posted by いつかはシャマル at 00:07| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

916-S2Bのスロットルポジションセンサー

あれから2年を経て、
いまは2001年式のアルファスパイダーを所有している。

登録から15年余り、購入時の走行距離1.2万キロという代物なのだが、
昨年末に手に入れて約3か月で、突然アイドリングストップ機能が付加された。

要するに、信号待ちなどでアクセルオフになると
そのまま回転が下がってエンジンが停止してしまうのである。

いま流行りの、IoTによる車の仕様変更かとも思ったのだが、
FCAがレクサスを差し置いてそんな機能を導入したとは、
先日のジュネーブモーターショーでもアナウンスはなかったと記憶している。

念のため購入もとの某ディーラーに入庫して確認してもらったところ、
スロットルポジションセンサーの故障とのこと。
詳細を問うと、当該部品は製造中止で手に入らないとのこと。

おいおい。ほんの3か月前にこのクルマ売っといて、そりゃないっしょ。

個人的にも各所に問い合わせたのだが、
残念ながら色よい返事は得られなかったが…
ディーラーセールス氏のご尽力の結果、
言わずと知れた、ガレイタ(ガレージイタリア)様にて、
該当純正部品をご用意いただける運びとなった。

わがスパイダーが復活するのは、
はやくてゴールデンウィーク開けと踏んでいるが、
さて、どうなりますかね(^^)
posted by いつかはシャマル at 00:31| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

富士登山競走試走2014年1回目

5月5日祝日早朝。今年1回目の富士登山競走試走に出向いた。

満開の富士桜が美しい中ノ茶屋にクルマをとめ、
富士吉田市役所まで下ってアップ。
これだけでかなり疲れを感じる…

トイレ休憩なども含めての時間。

7:21 富士吉田市役所スタート
8:09 中ノ茶屋
8:36 馬返し

市役所から馬返しまで1時間15分
これでは完走は不可能である。
あと2カ月で15分ほど短縮する必要がある。

さて、できるだろうか。

ちなみに馬返しから上にも行ってみたが、
2合5勺あたりから先は残雪。
やはり今年の雪は相当しぶとそうである。

6月に入ったらまた出向きたいと思う。

posted by いつかはシャマル at 07:02| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

散る桜 残る桜も 散る桜

先週末、
仕事上ご縁を頂いているドクターが
心筋梗塞で倒れたとの報に接した。
トライアスロン競技中の出来事という。

一時は心肺停止に至ったそうだが、
幸い、
居合わせた救急救命士の方などの
救護の甲斐あって一命をとりとめ、
現在は快復途上にあるとの事。
何よりである。

昨年も年明け早々に、
やはり身近なドクターが
心筋梗塞を患われた。
この方も幸い今ではすっかり快復され、
病前同様の活躍をされている。

そういえばたしか一昨年は、
たまにゴルフなどもご一緒していた
弁護士さんが脳梗塞で倒れた。
彼女も幸い、
仕事にも復帰されていると聞く。

いずれも40代で
年齢的に近しい方々である。

そういう年代に差し掛かったのだと
自覚せざるを得ない。


早めにこの世とおさらばすること自体には
あまり抵抗がないのだが、
(そんな事を言う奴に限って往生際が悪いものだが)
例えば自分が、
富士登山競走で発作など起こした日には、
ほとほと傍迷惑で、みっともない話しだ。

医者や弁護士、
激務の中で大活躍している方々とは
わけが違う。

普段楽に生きていて、
その上に道楽で参加したレースで
他人様に迷惑をかけるなど
許されざることだ…

今年の富士登山競走には
エントリーしたものの
今の走力は、ギリギリ完走レベル以下
であることを自覚している。
かといってそれを言い訳に、
敵前逃亡するのもまた根性のない話しだ…


無駄に考えを巡らせていても仕方ない。
朝のジョギングに出ることにした。

すっかり桜も盛りを過ぎたが、
よく見ると、
良い頃合いの花もまだ残っている。

散る桜 残る桜も 散る桜

この歌を詠んだ古の人の心も、
また特攻に赴いた人々の心境も、
慮るべくもない
弛緩した毎日を過ごしている自分だが、

もはや美しいとは言い難くなった
歩道に貼り付いた花びらを踏みながら、
ふと、そんなことを思った。
posted by いつかはシャマル at 11:04| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする