2017年09月02日

大飯の海

ふとしたきっかけから、2泊3日で、福井県大飯町の、ホテルうみんぴあ大飯に滞在。
気のおけない友人と三方の天然うなぎを喫し、嶺南の山間でゴルフを楽しむ、日常を離れた贅沢なときを過ごすことができた。

朝は2日ともホテルを起点にジョギング。

初日は大飯原発へと繋がる青戸橋を渡り、時間の制約から原発手前4キロほどの地点で折り返しての14キロ。
穏やかな美しい若狭の海を横目に愛でつつ、山間を貫くトンネルを2つくぐり、大飯原発方面へと出勤する人びととすれ違いながらのジョグ。

朝のテレビニュースでも、大飯原発再稼働関連の話題が取り上げられていたが、この地では嫌でも原発の存在を意識させられる。

今朝も橋へと向かったのだが、風が強く、50センチほどの幅しかない歩道を走ることには、車道によろめくリスクを感じたので、やむなくホテルの周囲に戻った。

海岸沿いには板敷きのゆったりとした遊歩道が設けられていて、気持ち良く走ることができる…

のだが、いかんせん山と海の境目に忽然と埋め立てにより姿を現したこの「うみんぴあ大飯」という総合レジャー空間は、たかだか500m四方しかない。

目の前の国道は危なくて走れないので、やむなくこの閉ざされた空気の中をグルグルと回ることに。

まるでトレッドミルのようじゃないか。

どこかにたどり着くという小さな希望もなく、唯ジムの淀んだ空気の中でゴムの臭いを嗅ぎながらローラーを踏む。
トレッドミルというやつは、どうにも苦手である。

今日の小浜湾も、少し波頭が立っているとはいえ美しいエメラルドグリーン。
海風を浴びながら反発力のある遊歩道の板敷を気持ち良く蹴る…

しかし、ほんの数分で行き止まりにぶつかり、折り返す、また行き止まり、また折り返し…

終わらない石運びをさせられたという、ギリシア神話のシジュフォスほどではないにせよ、これは一種の苦行である。

原発が作られる前、この海は地元で魚を捕ったり、真珠を育てたりする人達だけが静かにその営みを繰り返す場所だったはずである。

原発が出来てから、造られた橋を渡って、毎日毎日、その仕事のために人々が行き交う海になった。

そして、よそ者の自分も、人口の海辺をひたすら行き来して、カロリーの消費にこれ勤めている。

どの行為にも、結局は意味なんてないのかも知れないけれど、人間本来の自然な営みと、人間の愚かしさが作り上げた虚構の中での空しい日々の繰り返しとの違いが、そこにはあるように思えるのである。

ホテルうみんぴあ大飯の窓辺から、朝焼けの小浜湾
9A7164CB-18F7-488B-AB7F-2CE43764605E.jpg

posted by いつかはシャマル at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

クーペ407(その1)

8月初旬、新しい相棒がやってきた。
平成18年式 プジョークーペ407 モロカン・レッドである。

いつもの中古車屋さんでは、最近プジョーの在庫が目につく。
なんで最近プジョー屋さんになってるの? と社長に訊いたら、
「はは、プジョー(オークションで)安いっすから。」
また身も蓋もない、アニキらしい答えである。

安く仕入れて高く売るのが商売の基本だろうが、
安く仕入れたら安く売るのがアニキのアニキたる所以だ。

幌の不調が続く916スパイダーとの別れを決心した7月、次のクルマを探していて、
アニキの店で一番気になったのが、このクーペ407だった。

鍵を借りてドアを開け首をつっこむと、
そこには予想以上に雰囲気のある空間が広がっていた。
ワインレッドの革を贅沢に用いたその内装を、
インテグラルレザー仕様と呼ぶことは後に知ったが、
まさに車内は「総体革づくし」といった趣。
加えて、おごられたステッチの一つもほぐれちゃいない。

思わず、試乗をお願いしたところ、
図体が大きい割に取り回しも楽で、ものすごく「普通」。
すでに3年ぐらい乗り回した愛車の感覚であった。

助手席の社長にそう伝えると、それって良いんだか悪いんだか、と苦笑しつつ、
「フランス車ってみんな乗り心地もこんな感じですよ。シトロエンとかもね」とアニキ。
本来アルファロメオ派の社長は、
クーペ407のフィーリングを必ずしも肯定的に評価していない様子だが、
その実、フランス車にも目がなく、
新しいところではC6、ネオクラ領域ではXMあたりも扱っている。
その言葉に間違いはないだろう。

C6やXMにも憧れるけど、
それに比べたらはるかに敷居の低いこのクーペでその感覚が体験できるなら、
かなりお買い得である。

その乗り心地。硬いか柔らかいかと言われれば、圧倒的に柔らかい。
第一印象としては、捉えどころがない、という感じである。

個人的には、プジョーは魅力を感じつつも、縁のないブランドであった。

子供の頃、自動車雑誌で見かけた405MI16に強く惹かれ、
もう20年以上前になるが、406や306のブレーク、
それにMTモデルの406スポーツなどにディーラーで繰り返し試乗させてもらった記憶がある。
しかし、なぜか購入には至らなかった。

ここで、この縁を掴んでみるのも悪くない。

店に戻り、そのスタイル自体が一時代前の価値観を象徴するような、
重量感のある2ドアクーペボディの周りを一回りしてから、
購入する意思をアニキに伝えた。
posted by いつかはシャマル at 06:25| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

黄色いシャツの先輩

今朝は珍しく、都内の事務所までクルマで出勤した。

お盆が明けて週も改まった月曜、都県境の渋滞は予想通り重症であった。
イライラしても仕方ないので、
前オーナーがミュージックサーバに遺してくれた、
Cubic U/Close to youを聴きながら、ノンビリと曇天の江戸川を渡る。

ふと、大きなリュックを背負って歩道を走る黄色いシャツ姿の男性が視界に入った。
私よりは少々年かさのようだが、
なんだか出勤ランの自分を眺めているような気分である。
自分の場合は、黄色いシャツではなく、黄色いパンツがトレードマークなのだが。

しかし、このペースだったら、実際のところ、ぼちぼちでも走ったほうがはやい。

少々流れたり、また渋滞したりしながら、ようやく荒川を渡る四つ木橋にさしかかったとき、
江戸川で見かけた先輩をまた視界にとらえた。

FullSizeRender-2.jpg

あれから小一時間。距離にして約10キロ。
先輩はキロ6分ペースで淡々と走り、先行していたものとみえる。
ブラボー! 先輩
どこかでまた、お会いできるに違いありませんね。

Why do birds suddenly appear
Everytime you are near
Just like me





posted by いつかはシャマル at 23:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

大田原フル完走危うし?

今朝も曇天。おかげでしのぎやすく、
スタートは8時前と遅かったけれど、
いつもの土手を含む21キロを走ることができた。

ペースはどうにも上がらず、21キロを2時間5分かけたラン(ジョグ?)となった。
特別サボっているつもりもなく、普通に走った結果なのだが…
仮にこのままフルを走ると4時間10分以上を要する計算になり、
11月にエントリーしている大田原フルの制限時間を超えてしまう。
4月以来、7月まで毎月250キロ程度の距離を走っているので、その疲労があるのだろうか。

まぁ、走った距離は裏切らない、と信じているので、あまり心配はしていないのだが、
さらに1、2か月こんな状況が続くようだったら、何か対策を考えたほうが良いかもしれない。

一昨日、3回目の肩こりの治療を受けた鍼灸院でも、
脚に関する相談もしているのだが、まずは肩こりの治療をお願いしている。
あと1、2回の治療でそちらが一区切りつけば、
今度は本当に脚を診てもらっても良いかもしれない。

その肩こりは、治療のおかげでさらにもう一段ほぐれた実感はあるのだが、
夜になって若干ではあるが、ピリピリとする感覚が戻ってきてしまった。
一進一退、である。

ま、人生とはそういうものですよね。
今日は、はやめに、お休みなさい。

posted by いつかはシャマル at 21:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

権藤、権藤、雨、権藤

阪神タイガース、本日のデーゲームはナゴヤドームでの中日戦。
たまたま名古屋に出張した7月29日には、ふと思いついてこのカードを観戦したのだが、
メッセンジャーの好投を、俊介と福留の一発が援護して快勝したのだった。

今日のタイガース先発は2年目の青柳。

放送局はJ−SPORTSで、この場合、中日サイドに立った制作になるようである。
しかし、今日は冒頭から何やら雰囲気が違う。
解説者のコメントに、特に中日に肩入れしたような言葉が少ないのだ。
まずマウンドに立つのは阪神の青柳なので、当然と言えば当然なのだが、
その阪神・青柳に関する客観的なコメントが続く。
要するに、投げる球に力はあるけれど、ノーコン、なのだそうである。

誰だろう、このおじさん…
その後の紹介で、あの元中日投手の権藤博さんとわかった。

普段は、ほぼ「消音」ボタンを押してテレビ観戦するのだが、
今日はその飾り気のないコメントにしばしば笑いを誘われつつゲームセットまで観続けてしまった。

7対1と阪神のリードで迎えた8回裏、
四球から招いた2死1,2塁のピンチでマウンドに内野手が集まると、
「今ねぇ、マウンドじゃ点差があるんだから真ん中に放れ、とか言ってるんでしょうけど、
 それは言われても無理なんですよね。できたらその前にストライク取ってますから。」

9回表に阪神が中谷の犠牲フライで駄目押しの1点を取ると、
「いやでもね、変にファウルで粘られるくらいならアウトが増えてよかったですよ。
 守ってる野手は長引くより良いですからね。」

もっと面白いコメントもあったのだが、忘れてしまった。

権藤さんと言えば、権藤・権藤・雨・権藤の権藤さんである。
1961年のルーキーイヤーには、
ダブルヘッダーでの阪神戦で挙げた1日での2勝、
を含む35勝を記録して各賞を総なめにした。

ご本人もインタビューで、
「(戦争帰りの指導者による厳しさが残っていた)そういう時代だったんですよ」
とおっしゃっているが、
「そういう時代」の人の話は、やはり面白い。

江本しかり、坂東しかり、田渕(はどうかな?)である。

その権藤さんが、
アナウンサーに藤浪の話題を振られた際に、
あれはとにかくスケールの違う逸材だから、
なんとか立ち直って欲しいと言葉少なに語っていた。

ファンとしても祈るばかりである。




posted by いつかはシャマル at 22:26| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする