2017年04月07日

桜咲く

咲き誇る桜を目にすると、
来年もこの花を見られるだろうかとふと思う。

土手を美しく染める菜の花にも、
街角の匂い立つ沈丁花にも感じない、
独特の思いを呼び起こす力が桜花にはあるようだ。

今朝は平日にもかかわらず、
自宅近くで10キロほどのジョギングをする時間が手に入ったので、
ふと思いついて、
そのうち4キロほどは桜並木というコースを選択した。
まさに桜花爛漫の下を走る。
こんな贅沢なジョギングの機会は、この人生であと何回あるだろうか。

そんな今日は、娘の中学入学式。二親そろって学校にお邪魔した。

新入生ひとり一人の名前が呼ばれたのち、
校長先生の「入学を許可します」との言葉を耳にした時には、
自然に熱いものがこみ上げてきた。
まだ幼い娘がここに至るまでの道は決して平坦ではなく、
それを乗り越えて掴んだ幸運は、紛れもなく彼女の意志と努力の賜物だと思えたから。
それとともに、
これからいかようにも未来を描き得るまっさらなカンバスを抱えた子供たちの姿と、
その子らを、伝統とたゆまぬ研鑽を元に、胸を張って迎える学校の姿勢に、
心を洗われる思いがしたから。

サクラサク

桜の花を、自分があと何回目にすることが出来るかはわからないけれど、
毎年桜は、新しく美しい花を誇り続けるだろう。
そう考えると、なんだかほっとするじゃないか。
posted by いつかはシャマル at 21:25| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

おもちゃ箱

幼い頃、ほとんどおもちゃを買ってもらえなかった。
なぜかは知らない。

近所に、縁側におもちゃ箱を置いている家があった。
古き良き時代である。
雨戸を閉めれば家の外。

早朝、自宅を抜け出し、その縁側に行き、
磁石で合体するロボットのおもちゃを勝手にいじくっていた記憶がある…

なぜかみつかって叱られたけれど。

馴染みの中古車屋さんは日曜日が休日。
社長に、「いいっすよ。でもいる日に来てくださいよ。」と包括的な承諾はいただいているが、
誰もいないそのお店の休日に、
次々と入れ替わる在庫車を見に行くのが好きなのは、
そんな原体験も影響しているのだろうか。

おもちゃ箱の中で、一番気になっていたのは2006年式ボルボS80クラシック

なにせ走行6万キロ代で本体価格45万円である。
FF、4速ATではあるが、季節を問わず質実剛健、
ボルボの文法に則った快適な高速ツーリングを約束してくれるのではないか…
そんな期待が膨らむ。

しかし、今日はおもちゃ箱のある縁側までたどり着くことなく、
小一時間のドライブを終えて帰宅した。

目的地まで往復するには若干持ち時間が足りなかったこともあるのだが、
好天にホロを下ろして転がした916S2Bスパイダーは…

最高であった。

青空に包まれながら、2速、3速と、5000回転程度までツインスパークを引っ張ると、
オリジナルのマフラーからなんとも言えないアルファサウンドが聴こえてくる。

この世界にもう少し居たい。

ボルボはひとまずお預け、である。
posted by いつかはシャマル at 23:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

戦いすんで

娘の中学受験終了から3日が過ぎた。
特にここ数か月は気持ちも生活そのものも受験一色だったので、
なにやらまだ、ふわふわした気分が続いている。

中学受験は親子の二人三脚と良く言われるが、
現代の中学入試では現実に、
12歳の子供たちが、私が卒業した中堅私大の入試問題より
断然難しい問題を巡って真剣に競争するのである。
何らかの形で親が関与しなければ合格はおぼつかないことはたしかで、
二人三脚であったかはともかく、
私も子供の足を引っ張らないようにだけは気をつけたつもりだ。

その経験を通じて、子供は明らかに毎日目に見えて成長した。

それでは、親である自分自身はどうだろうか…
ほんの少しだけ、忍耐強くはなっただろうか。

45歳という節目を過ぎ、肉体的な衰えを実感する昨今であるが、
これから新たな学び舎を得て羽ばたこうとする娘のためにも、
あと10年、いや少なくとも15年くらいはしっかりと稼がねばならん。

明日は月曜日。
気持ちを切り替えて職分に勤しむべし。

posted by いつかはシャマル at 19:12| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

孝行娘!

今日、2月2日、娘の中学受験が終了した。

親バカを承知の上で告白すれば、
これまで45年間あまりを生きてきた中で、最も嬉ばしい日である。

そんな日に導いてくれた娘は、なんと親孝行なのだろう…

はい、全くもって親バカです(笑)

午前中は第2志望校の試験。
午後2時に、昨日受験した第1志望校の合格発表掲示。
午後7時に、今日の第2志望校のWeb発表。
という、慌ただしい日程であった。

いやあ、我が娘ながらやってくれました。


おやすなさい。
(2/5 一部削除・修正しました。)
posted by いつかはシャマル at 22:51| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

道にただ

今日は娘の第一志望校の試験日。
付き添いは母親の担当、私はいつも通り会社に。
やはり娘の事が頭を離れない。

昼休みには近所の神社にお礼参り。

受験そのものは現在進行形であるが、
結果はどうあれ、
ここまでの道を娘が乗り越え、この日を無事迎えられた事に感謝。

12:40 娘の筆記試験終了の時刻、
私は筑土八幡神社にて手を合わせていた。

ふと目を開けると、賽銭箱の前のチラシにこうあった。

「道にただ身をば捨てんと思いとれ 必ず天の助けあるべし」

室町時代末期、薩摩島津家中興の祖とされる島津日新公が、
人の道を詠んだ「いろは歌」の一つだそうである。

娘が自らの「道」を見出してくれさえすれば…
できの悪い父親のただ一つの願いである。

posted by いつかはシャマル at 22:17| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする