2017年08月20日

大田原フル完走危うし?

今朝も曇天。おかげでしのぎやすく、
スタートは8時前と遅かったけれど、
いつもの土手を含む21キロを走ることができた。

ペースはどうにも上がらず、21キロを2時間5分かけたラン(ジョグ?)となった。
特別サボっているつもりもなく、普通に走った結果なのだが…
仮にこのままフルを走ると4時間10分以上を要する計算になり、
11月にエントリーしている大田原フルの制限時間を超えてしまう。
4月以来、7月まで毎月250キロ程度の距離を走っているので、その疲労があるのだろうか。

まぁ、走った距離は裏切らない、と信じているので、あまり心配はしていないのだが、
さらに1、2か月こんな状況が続くようだったら、何か対策を考えたほうが良いかもしれない。

一昨日、3回目の肩こりの治療を受けた鍼灸院でも、
脚に関する相談もしているのだが、まずは肩こりの治療をお願いしている。
あと1、2回の治療でそちらが一区切りつけば、
今度は本当に脚を診てもらっても良いかもしれない。

その肩こりは、治療のおかげでさらにもう一段ほぐれた実感はあるのだが、
夜になって若干ではあるが、ピリピリとする感覚が戻ってきてしまった。
一進一退、である。

ま、人生とはそういうものですよね。
今日は、はやめに、お休みなさい。

posted by いつかはシャマル at 21:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

権藤、権藤、雨、権藤

阪神タイガース、本日のデーゲームはナゴヤドームでの中日戦。
たまたま名古屋に出張した7月29日には、ふと思いついてこのカードを観戦したのだが、
メッセンジャーの好投を、俊介と福留の一発が援護して快勝したのだった。

今日のタイガース先発は2年目の青柳。

放送局はJ−SPORTSで、この場合、中日サイドに立った制作になるようである。
しかし、今日は冒頭から何やら雰囲気が違う。
解説者のコメントに、特に中日に肩入れしたような言葉が少ないのだ。
まずマウンドに立つのは阪神の青柳なので、当然と言えば当然なのだが、
その阪神・青柳に関する客観的なコメントが続く。
要するに、投げる球に力はあるけれど、ノーコン、なのだそうである。

誰だろう、このおじさん…
その後の紹介で、あの元中日投手の権藤博さんとわかった。

普段は、ほぼ「消音」ボタンを押してテレビ観戦するのだが、
今日はその飾り気のないコメントにしばしば笑いを誘われつつゲームセットまで観続けてしまった。

7対1と阪神のリードで迎えた8回裏、
四球から招いた2死1,2塁のピンチでマウンドに内野手が集まると、
「今ねぇ、マウンドじゃ点差があるんだから真ん中に放れ、とか言ってるんでしょうけど、
 それは言われても無理なんですよね。できたらその前にストライク取ってますから。」

9回表に阪神が中谷の犠牲フライで駄目押しの1点を取ると、
「いやでもね、変にファウルで粘られるくらいならアウトが増えてよかったですよ。
 守ってる野手は長引くより良いですからね。」

もっと面白いコメントもあったのだが、忘れてしまった。

権藤さんと言えば、権藤・権藤・雨・権藤の権藤さんである。
1961年のルーキーイヤーには、
ダブルヘッダーでの阪神戦で挙げた1日での2勝、
を含む35勝を記録して各賞を総なめにした。

ご本人もインタビューで、
「(戦争帰りの指導者による厳しさが残っていた)そういう時代だったんですよ」
とおっしゃっているが、
「そういう時代」の人の話は、やはり面白い。

江本しかり、坂東しかり、田渕(はどうかな?)である。

その権藤さんが、
アナウンサーに藤浪の話題を振られた際に、
あれはとにかくスケールの違う逸材だから、
なんとか立ち直って欲しいと言葉少なに語っていた。

ファンとしても祈るばかりである。




posted by いつかはシャマル at 22:26| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

肩こりの鍼治療 3回目

今日は終業後、自宅ではなく東武線の新越谷駅に向かった。
7月下旬から通い始めた、埼玉県にある鍼灸院に3回目の予約を入れていたのだ。

肩こりを自覚するようになったのは大学受験を終えた18歳くらいの頃だった。
爾来、どちらかと言えばデスクワーク中心の生活を送ってきたためか、
多くの人々と同様、肩こり、背中の痛みを抱えて30年近くを生きてきた。

鍼灸院での治療には数年前から関心を持っていたが、
星のように無数に存在する治療院の中でいったいどこにかかったら良いかもわからず、
手を拱いていた。

そんな折、ちょっとしたきっかけから、この鍼灸院に出会ったのだ。

実はこの鍼灸院、所在はありがちな雑居ビルの2階に間借りをしている形なのだが、
その内容はよくある鍼灸院とは一風変わっている(と思う)。
最新のエコー(超音波)検査を用いつつ鍼治療を行うのだ。

鍼が狙う先は、いわゆるツボ(経穴)では必ずしもなく、
筋膜(ファシア)に存在するトリガーポイントである。
痛みを発する箇所の奥にある筋膜(ファシア)は癒着して凝り固まっている。
実際にエコー画像を見せてもらうと手に取るようにわかるのだが、
この癒着部分は白く肥厚しているのだ。
そこを狙って鍼を打つことによって、その癒着を解除し痛みを取り除く。

まぁそんな、東洋医学的神秘性よりは、ちょっと科学的な香りのする鍼治療である。

2回の施術を受け、明らかに症状は改善してきたが、
感覚的な症状は施述前の4割減くらいの感じで、
コリや不快感、時折訪れる痺れといった感覚はまだ残っている。
そんなことを問診の際に伝えた。

早速、治療開始。
エコーも当てながら、あっという間に1本目、2本目の鍼が…
「これ、どうですか?」 と先生。

うむ、効きます…

注射の針とは違い、鍼治療の鍼は0.3mmにも満たない細いものなので、
皮膚を貫く際の感覚はほとんどない。
しかし、問題のある箇所に届き刺激を与えられると、ズンッと衝撃が来る。
ごくごく軽いこむら返りのような感覚と表現できようか…

今回は1,2回目と比べると若干少なめの16,7本程度の鍼をうっていただいたようだったが、
それらがことごとく「効く」鍼であった。

先生は施述をしながら時折「耐えられますか?」と訊いてくださるのだけれど、
耐えられないほどでもないし、もっとやって、という性向も持ち合わせないし、
いつも「大丈夫です」と答えながら、Mっ気あり、と誤解されなければ良いな、
と心配している次第である。

回を重ねて症状が改善すればするほど、(狙うべき範囲が狭くなり)施述は難しくなる、と先生。
その前提にもかかわらず、
「今日はちょっと攻めてみました。これで8割がた改善すると思いますよ」との仰せ。
積極的治療に感謝するとともに、今後数日の間に感じられるであろう効果が愉しみである。

ご関心のある方はどうぞ。
日本超音波鍼灸協会会長 吉村先生の治療院
posted by いつかはシャマル at 23:28| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

大瀬良大地

昨日、8月16日、京セラドームで行われた阪神広島戦。
先発の大黒柱メッセンジャーを、10日の巨人戦における腓骨骨折で欠くタイガースベンチは、
制球難に苦しみ、2軍で調整していた藤浪晋太郎を復帰登板させた。

2回表、先頭打者を内野ゴロに打ち取ったのち、打席に迎えたのは投手・大瀬良。
何球目だったかの記憶は定かではないが、
藤浪はその左肩にすっぽ抜けのボールを当ててしまう。

右手で肩をおさえ、うずくまる大瀬良…

あちゃー

しかし、ほどなく大瀬良は、大丈夫! と言うように
帽子を取る藤浪に向かって軽く片手を上げつつ、笑顔で立ち上がったのだ。

不肖私、この瞬間、大瀬良ファンになりました。

一旦ベンチに下がり、グラウンドに戻ってきた大瀬良は、
無事を装うかのように小走りに1塁ベースに向かう。今度はマウンドには一瞥もくれずに。

逆に、この人、人が良すぎて勝負の世界ではどうなんだろう、とも感じたけれど。

大瀬良大地 1991年生まれの26歳。
藤浪晋太郎 1994年生まれの23歳。

藤浪もとんでもない高校生が現れたと思っていたら、もう5年目のシーズンだったのか…

若き二人が、ともに不動のエースとなり、
投げ合い続けてくれることを切に望む。
posted by いつかはシャマル at 23:35| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

お盆

 今年も、平日のお盆休みが3日間あった。
 カミさんは出勤、娘は部活。娘が出かけてから、午後帰るまでの数時間のことではあるが、独りで過ごす休みとなった。
 
 初日は墓参、2日目は21キロのラン。さて、3日目の今日は何をしよう。外はあいにくの雨模様である。誰もいなくなった家でマットレスに転がって身の振り方を考える。
 
 すると、あのどうにも落ち着かない気持ちが、またじわじわと襲ってきた。漠然とした不安というか、いたたまれない気持ちというか、なんとも不快な感覚である。この気持ちに襲われることが、最近多い。何の考えもまとまらない。芥川龍之介が言う「将来に対するぼんやりとした不安」とはこのことであろうか。

 ええい! とにかく走ろう。

 春先から毎月250キロ程度の距離を踏んだせいか、右の鼠蹊部の少し上くらいに痛みが出ている。走ること自体に支障はないので、それを無視して足を動かすが、いかんせんペースは上がらない。19キロほど身体を運んだけれど、1kmあたり平均5'36を要した。面白いことに、昨日の21キロと全く同じ数字である。

 気持ちが乗らないせいか、身体も重い。身体が重いから、気持ちが乗らないのかもしれないけれど。
 おまけに、左後頭部がズキズキする。昨晩もアルコールで意識を失い、早朝4:30、炊飯器の炊き上がりを告げる電子音で目をさますまで、リビングの床に斃れていたのだけれど、テーブルの脚に頭を一晩中押し付けていたためらしい。

 小雨の中、ただただ腕を振り足を運ぶ…

 スタートから60分ほど経過した頃、軽く下腹部に知らせを感じた。ほどなくセブンイレブンの前を通りかかったのだが、店員さんに声をかけてトイレを借りることがただ煩わしく、そのまま腕を振り続ける。
 約5キロ、いや3キロぐらいか、先の霊園にトイレがある。そこなら、他人に遠慮もいらない。そこで用を足そう…

 しかし、自然の欲求は甘くなかった。歩を進めるたびに感覚は強まり括約筋に力が入る…とても5キロはもたない…次のコンビニはどこだったか、間も無く差し掛かるパチンコ屋はどうだ、いや、まだ10時前では開いていない、いっそこの目の前の草むらに分け入り問題を解決しようか、いや今日に限ってポケットティッシュを持ってこなかった(いや、そもそもいまどき犬でもそれは許されないが)云々…頭の中はこの問題への対処法を検討することで一杯になる…

 そのとき、ふと気付いた。
 例の漠然とした不安が、鳴りを潜めていることに。

 500メートルほど先の道の反対側にローソンがあることを思い出し、クルマに注意しつつ道路を渡り、店員さんが振り向きもしないのを幸い、一目散にトイレに駆け込む…

 救われた。

 漠然とした不安も、自然の欲求の前には無力である。根っこには営利目的があるとはいえ、店舗のトイレをほぼ自由に使用させるという人間の好意に甘えることで問題は解決された。仮に単なる自然の欲求ではなく、イレウスが起きていたのであれば、ローソンのトイレ前で週刊実話を立ち読みしていたお兄さんに助けを求め、救急車で運ばれていたかもしれない。仮に末期大腸がんの痛みだったとすれば(ジョギングはしていないだろうけれど)、医師のしかるべき手当てを受けて最期に向けた準備を手助けしてもらえるように努めるだろう…いずれにせよ、言わずもがな、人間の営みは人と人との関係性の中で成立しているのだ。

 しかし逆に、漠然とした不安をごまかしているのが、他人の力を借りてでも対処せねばならない目前の「便意」であるとはいえまいか? 人の営みはすべてこの自然の欲求と同種のものではないのだろうか…



posted by いつかはシャマル at 19:48| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする