2013年07月07日

南部蝉しぐれ

とがって生きろ

丸くはなるな

惚れてるんだよ

待ってておくれ

時節は来ると

風が言う

posted by いつかはシャマル at 02:42| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

Heart Secret 超意訳

Heart Secret

We lead two different lives
Just like two lines that never cross
And here we are together
Standing closer than we are
But we're still standing here untouched
Too scared to make a move
We want so much to touch
And we can't wait forever
We know it's dangerous
For us to be together

二人は 別々の道を 歩いてきた
決して交わらない 二つの線のように
ようやくいま お互いが 目の前にいる
これまでにないほど 近く
でも 二人は 手を伸ばす事が出来ないまま そこに立ち尽くすの
最後の一歩を踏み出すには 臆病すぎるのね
わたしたちは こんなにお互いを求めあっているのに
そしてもう これ以上 待つことなんて出来ないのに
いけないことだと わかってはいるわ
わたしたちが 思いを遂げるのは いけないことだと

How do we ever keep this secret
How do we keep it in the dark
And if we dare to taste our weakness
How could we tear ourselves apart
Why do we keep this love together
Didn't we know right from the start
That we would have to keep this secret
Or forever stay apart

このことを 二人だけの秘密にしておくことはできないかしら
誰も知らない暗闇に そっとしまっておくことはできないかしら
本当はわたしたちは 弱さに負けず
友達のままでいるべきなのかしら
どうして二人は一緒になってはいけないの?
わたしたちには すべてをやり直すことはゆるされないの?
すべてを秘密にしておくことなんて 到底無理だとしたら
二人はお互いを忘れるしかないっていうの?

I watch you coming to me
Walking in the pouring rain
I can't help looking at you
Wishing I could stay away
So many times I've tried in vain
To close my eyes and pray it goes away
But I can't stop myself from feeling
To let you go would be too much
For me to take

わたしには あなたがこちらに向かってくる姿が見える
ふりしきる雨の中を わたしを求めて歩いてくるあなたが
わたしは あなたから目をそらすことができず その場に立ち尽くすの
あなたが来る前に そこから立ち去ってしまいたいのに
何度もそうしようとしたけれど できなかったわ
目を閉じて あなたが去ってくれるように祈ったりもしたわ
でも あなたを思う心を棄て去ることはできなかった
あなたに向かって 走りだしたかった
欲しいものは欲しいの

I can't help thinking
When I look into your eyes
How much I need you
It's so hard to hide

そんなことは忘れようと思ったわ
あなたと目があった瞬間に感じる
自分が あなたを求める心なんて
でも 自分をだますことは やっぱりできないの

posted by いつかはシャマル at 01:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

ドリームズ・カム・トゥルー

洗濯物干しには、
時としてテーマソングが必要だ。

今日はそんな気分だったので、
CDラックをひっくり返して、たまたま手にしたCDをCDラジカセ(!)にセット。

Oh! 
とび跳ねながらBASSを弾く中村さんの姿が
目に浮かぶ、リズミカルなメロディーが聴こえてくる!

今晩の洗濯ものたちは幸せだ。
ぱんぱんっ! としわもバッチリ伸ばしてハンガーに。

そう、今日引き当てたのはドリカムのファーストアルバム
“Dremas Come True”であった。
1989年。 さかのぼること23年。

写真 (30).JPG

なにしろ今年は、
ドリカムファンなら、ほんとに来るのかよ、と思いながら迎えたであろう
「太陽のリング」の2012年であった。

その年も、木枯らし1号の来訪と共に去りゆこうとしている。

おめおめと生き残ったものだ。

しかし、デビュー間もない吉田美和、
当時から悲恋の歌も多いのだけれど、
まだまだ若々しさに溢れている。

「強がりしか知らない私に愛してるなんて言わないで…」(Don't you say…)
「デートがある日は自慢気に ちょっとHな Under ware 頬を上気させてる」(それでも恋は永遠)

でも、デビュー曲という「あなたに会いたくて」は、
いささか未練がましいか。

俺も明日あたり、あの交差点に立ってみようかな。
いまでも恋しく思う、遠い昔の彼女に、あえるかもしれない。



posted by いつかはシャマル at 22:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

うたごえ

アンジェラ・アキの“拝啓 十五の君へ”


中島みゆき“時代”

以上、杉山りな二等陸曹 による熱唱、のようです。
*訂正:村上なぎさ三等海曹の誤りのようです。すいません。

いやまぁ、ここにたどり着くまでにも色々あったのですが、 とりあえず。

素敵ですね。

追加動画。 アニー tomorow
http://www.youtube.com/watch?v=B7i29Tc7G-Y&feature=share&list=PLDF9068DFC2A6FCDE
posted by いつかはシャマル at 22:35| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

キセキ/GReeeN

大井川マラソンの後,ランニングの距離が伸びない.
11月も10日を過ぎたというのに未だ37.5キロ.
このままだと11月累計100キロ止まりになりかねない.

まぁ,それでもいいのだけれど.

とはいえ,体重計に乗ってみると上限リミットに近かったので,
重い腰を上げて夕刻,ジョギングに出た.

10キロを46分ほどかけて…
案外暖かかったので,
ウインドブレーカーを着てのジョグで結構汗をかくことができた.
一応,本日摂取したカロリー超過分ぐらいはチャラに出来たろう.

そんな,いまだ気分は低空飛行の俺の耳に,
今日iPodが送り届けてくれた曲は,

GReeeN/キセキ

ROOKIESは好きだし,誰かさんと小さなスクリーンで映画も見たけど,
あくまで青春賛歌で,今の自分の胸に届く曲とは思ってなかった…

でも,きました…around40オヤジの心にも

よく聴くと,この曲って別に,
あらゆる可能性をはらんだ未知の大海原を前に,
手をつないで立つ若い二人だけに独占させるべき歌じゃないんだね.

PVはいささか冗長に見えるけど…


「君に巡り会えたそれって『奇跡』」

そうだ.幾つになってもそう叫んでいいんだ

「明日 今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから
 何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる」

過去は過去.

未来は永遠.

二人で時を超えよう…



なにかあったのかって? それはヒ・ミ・ツ
posted by いつかはシャマル at 22:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする