2017年09月23日

藤川球児の笑顔

今週の火曜日、祝日明けの出勤初日、
あまりにも気持ちが下がってしまったので、気合いを入れるべく出勤ラン。
しかし、走っても走っても、枯れた井戸からは、なかなか水が上がらず。
地面から染み出してくるものをハンカチで吸い取るようにして1日を過ごした。

翌日は、前日よりは脳内のドパミンも豊富だったのだろうか。
同じく出勤ランをしたが、気持ち良く20キロ近く走ることができた。

閑話休題。
いずれの日も、隅田川テラス、桜橋のほんの少し南側、長命寺桜餅の前あたりに、
白黒ブチの猫が寝そべっていた。
その30センチもない鼻先を足音をたてて通ったのだか、
かの猫殿は全く無反応。
大した腹の太さだと心から感心した。

今日は土曜日、休日。
昼前に走りに出たのだが、
兎に角、面倒臭い、という気持ちが心を支配し、
メンドクセェ! と叫びながら土手を走った。

そんな今日、神宮球場でのヤクルト・阪神戦は、8対1と阪神リードの9回裏、
藤川球児がマウンドに上がった。

最後の打者を見逃し三振に打ち取る。
ゲームセット!

posted by いつかはシャマル at 22:27| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

羨ましくない

 河合隼雄さんの『こころの処方箋』(新潮文庫,1998年)をパラパラとめくっていたら,「羨ましかったら 何かやってみる」(p198-201)という項が気になった.要約・引用するとこんな内容だ.

 羨ましい,というのはネガティブに思われる感情だけれど,だからといって抑え込もうとするのではなく,それと認めて思いを巡らせてみると,案外見えてくることもある.
 羨ましいというのは,自分が持っていないものを他人が持っているところに生じる感情だけれども,そのようなときに「必ず」生じるとは限らない.そこに何か「プラスされるX」が無いと生じないものである.
 例えば,河合さんの下にカウンセリングを受けに来た人で,スポーツのできる弟に羨ましさを感じるという人がいた.その場合,特に弟に対してその気持ちを持つ,という点に「X」が潜んでいるのだと河合さんは分析する.実際,話が進んでいくと,その人の弟はスポーツマンであるが故に有利な就職ができたが,そのような才もない自分は,縁故も得られずに不利な職場に就職した.だから「自分は現在の職場でやり抜かねばならないことがあるのに,それが嫌でやっていない」という風なことが出てくる.このように,羨ましいという感情に伴って意識されてくる部分は,特に「開発を待っているところとして,うずいていることを意味しているのだ.」
 だったらそれをやれば良いではないか.それはなかなか困難なことではあろうが,愚痴を言ったり,他人の足を引っ張ったりしているよりはまだマシではないか.
 
 なるほど,と我が身を振り返ってみて少し不思議な気持ちに襲われた.今の自分にとって何が,誰が「羨ましい」のだろう・・・と考えてみると,自分の中に「羨ましい」という感情が見当たらないように思われるのだ.もちろん,お金があればすぐに会社を辞められるだろうし,マセラティシャマルを買うこともできるだろう.その意味で,金持ちは羨ましいけれど,資産家はそれを維持する苦労があるだろうし,宝くじに当ったらと考えても「宝くじに当った人の末路」という本が出ているくらいだから結局はロクなことが無いだろうし・・・そもそも宝くじなんて買おうとも思わないし・・・

 得度したわけでも解脱したわけでもないので,他人を羨む気持ちもきっと自分の中に渦巻いているはずなのだが,なんだっけ? 「羨ましい」って.

 そういえば先日,文脈は忘れたけれど,中学生になったばかりの生意気盛りの娘に「パパの人生って余生みたいなもんだよね.」と言われたことを思い出す.余生を送る人間が他人を羨んだって仕方ないものね.「羨ましい」という感情も,その状況を変えたいという欲求と変えようとするパワーがあってこそ生じるものなのかもしれない.
posted by いつかはシャマル at 00:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

黄色いシャツの先輩

今朝は珍しく、都内の事務所までクルマで出勤した。

お盆が明けて週も改まった月曜、都県境の渋滞は予想通り重症であった。
イライラしても仕方ないので、
前オーナーがミュージックサーバに遺してくれた、
Cubic U/Close to youを聴きながら、ノンビリと曇天の江戸川を渡る。

ふと、大きなリュックを背負って歩道を走る黄色いシャツ姿の男性が視界に入った。
私よりは少々年かさのようだが、
なんだか出勤ランの自分を眺めているような気分である。
自分の場合は、黄色いシャツではなく、黄色いパンツがトレードマークなのだが。

しかし、このペースだったら、実際のところ、ぼちぼちでも走ったほうがはやい。

少々流れたり、また渋滞したりしながら、ようやく荒川を渡る四つ木橋にさしかかったとき、
江戸川で見かけた先輩をまた視界にとらえた。

FullSizeRender-2.jpg

あれから小一時間。距離にして約10キロ。
先輩はキロ6分ペースで淡々と走り、先行していたものとみえる。
ブラボー! 先輩
どこかでまた、お会いできるに違いありませんね。

Why do birds suddenly appear
Everytime you are near
Just like me





posted by いつかはシャマル at 23:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

おもちゃ箱

幼い頃、ほとんどおもちゃを買ってもらえなかった。
なぜかは知らない。

近所に、縁側におもちゃ箱を置いている家があった。
古き良き時代である。
雨戸を閉めれば家の外。

早朝、自宅を抜け出し、その縁側に行き、
磁石で合体するロボットのおもちゃを勝手にいじくっていた記憶がある…

なぜかみつかって叱られたけれど。

馴染みの中古車屋さんは日曜日が休日。
社長に、「いいっすよ。でもいる日に来てくださいよ。」と包括的な承諾はいただいているが、
誰もいないそのお店の休日に、
次々と入れ替わる在庫車を見に行くのが好きなのは、
そんな原体験も影響しているのだろうか。

おもちゃ箱の中で、一番気になっていたのは2006年式ボルボS80クラシック

なにせ走行6万キロ代で本体価格45万円である。
FF、4速ATではあるが、季節を問わず質実剛健、
ボルボの文法に則った快適な高速ツーリングを約束してくれるのではないか…
そんな期待が膨らむ。

しかし、今日はおもちゃ箱のある縁側までたどり着くことなく、
小一時間のドライブを終えて帰宅した。

目的地まで往復するには若干持ち時間が足りなかったこともあるのだが、
好天にホロを下ろして転がした916S2Bスパイダーは…

最高であった。

青空に包まれながら、2速、3速と、5000回転程度までツインスパークを引っ張ると、
オリジナルのマフラーからなんとも言えないアルファサウンドが聴こえてくる。

この世界にもう少し居たい。

ボルボはひとまずお預け、である。
posted by いつかはシャマル at 23:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

人間の性

最近、近所のプラモ屋にたまに足を運ぶ。
このごろ、この手の店もめっきり少なくなったが、
ここは私が子供のころから営業を続けている貴重な存在である。
しかし自分自身、子供の時分は模型作りには親しまなかったので、
店内に足を踏み入れたことはなかった。

それが不惑を過ぎた今になって通うようになるとは、
おかしなものである。

買い物をすると店のおばさんがときどき、
タミヤニュース」のバックナンバーをくれる。
模型のタミヤが発行する月刊情報誌。
B6変型判ぐらいの小冊子であるが、ちょっとした雑誌顔負けの濃い内容だ。

今日はその2013年12月号を頂戴したのだが、
2頁にスウェーデン・ストックホルムの陸軍博物館が紹介されている。
2度の大戦でいずれの側にも与せず、中立を保った同国だが、
決してそれは「安閑としていて得られた」立場ではなく、
「鉄壁の防衛線ボーデン要塞」「全国民動員の軍隊」「優れた国産兵器」
などの存在が背景にあるのだという。

それだけにその展示物も相当充実しているそうなのだが、
目を引かれたのはこの記述だ。少し長くなるが引用する。
「(同国の戦いの歴史の)展示が猿たちの戦いから始まっているのには度肝を抜かれる。
 もちろんこれは人間の悲しい本性を揶揄したもので、猿の隣には中身がどこまで
 進化したのかわからないが、外側だけはおおいに進化した近代装備で固めた兵士が並んでいる。」

これがそれらしい。
陸軍博物館の写真
陸軍博物館 (トリップアドバイザー提供)




posted by いつかはシャマル at 21:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする