2013年01月20日

低空飛行

成人式の前日、13日が松戸七草マラソン。
最初で最後の(親子の部は小2まで。この4月から娘は3年生である)子供との2キロと、
4回目になる10キロを走った。
昨年を上回るペースを記録することはかなわなかったものの、
今年も無事に走れることに感謝した。

翌日は雪の成人の日。
振り袖姿でタクシーに乗り込む若者たちを目にし、
さぞ思い出に残る成人式になることだろう
と思えるようになったのは歳の効か。

その雪で凍結した路面を言い訳にサボり続けた1週間。
今日走らなければランナーの名称を返上しなければならないので、
江戸川河川敷を含む21キロほどを走った。

河原はすさまじい風であった。
松戸から流山方面に向かって北上する際は向かい風。
風の壁に身を預けるようにして走る。
かえって元気が出るからいい気なものである。

TXを過ぎたあたりで折り返し通算22キロ弱。
ガス欠寸前で自宅にたどり着いた。

今年も、富士登山競走を無事に全うしたいものである。
posted by いつかはシャマル at 21:17| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

インターバル走?

今日は夕方少し時間ができたのでランニング。

また、サブスリーを実現したいという気持ちが頭をもたげてきているこの頃。
それにはハーフの自己ベスト1:27:34(昨年5月軽井沢)ではスピードも足りない。

ということで、世に聞くインターバル走らしきものをおこなってみることにした。

実施場所は近所の大きな公園を貫く道路の1.2キロほどの部分。
歩道が完備されているのでクルマはほぼ気にせずに済む。
平日なので通学などの自転車はあるが、横に広がった歩行者に阻まれることもない。
ただこの季節、そこかしこに落ち葉が大量に積もっており、
滑りやすく踏ん張りが利かない箇所は多い。
アップダウンもかなりあるが、それは相殺されると考えればよい。

そんなコースである。トラックのようにはいかないが、まあよかろう。

まず1.5キロほどを4:30前後で流した後の1本目は、
ガーミンによれば1,000メートル3:49であった。

うーん、せめて3:40には持ち上げたい…

400メートルほどジョグを入れて2本目、
自分なりに懸命にもがくも、1,000メートル3:56、
ってほとんど4分じゃん…

また200メートルほど流して、いざ3本目、
全回と寸分たがわぬ3:56である…

すいません、こんなんじゃインターバル走とかって言えませんよね?

とはいえ、それ以上スピードが乗らないのだから仕方が無い。

また1.5キロほどをジョグでつないで…最後、4本目、
これまたガーミンによれば3:56であった。

まあいっか。まだフルから中3日しかたっていないわけだし。

しかし、われながらつくづく根性がない人間である。
目標はサブスリー、なぞと口にするのもおこがましいので、
書くだけにしておきます。
posted by いつかはシャマル at 22:32| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

仙石原 湖尻 自然探勝歩道

25日は仙石原のホテルで目覚めた。
すでに6:30とあまり早い時間ではなかったが、
シューズの紐を結び部屋を出る。
気温は5度を下回っていたのではないだろうか。
ダウンに手袋、毛糸の帽子といったいでたちで散歩する人々と擦れ違う。
ランパンランシャツの肌には冷気が突き刺さるようであった。

仙石原すすきの原方面に向かう途中、
小さな立看板に惹かれて横道にそれてみた。
仙石原湖尻自然探勝歩道、というのがその小道の名のようである。

湖尻、と書かれた方向を辿って進むと、
間もなく舗装路が途絶え砂利や石の道が林の中へと続いてゆく。

もみじの絨毯

image-20121126073719.png

23日のレースで履いた底の薄いシューズには荷が重いかと思いつつも、ままよと進む。

早朝の箱根連山

image-20121126074106.png

このような景色を独り占めにできる贅沢は旅先での早朝ジョグならでは。

やがて道は大箱根カントリークラブのフェンス際に至り、ほぼ舗装されたサイクリングコースと合流した。再び山道に戻る分岐点もあったが、朝食の時間もあるので走りやすい道を選択する。

それなりに調子よくリズムを刻んでいるつもりなのにガーミンの示すペースはキロ5分半程度。それもそのはず、道路脇には上り勾配8%という標識も設置されていた。

途中、耕牧舎跡地との表示や、須永君之碑と記された立派な石碑があった。
見ると、この仙石原一帯は明治13年、渋沢栄一と三井が開発を進め、耕牧舎という広大な牧場が設営されたのが起こりとか。須永氏とはその支配人として貢献した人物だという。彼の没年は明治38(1905)年というから、107年前のことだ。

そう遠い昔のことでもない。
今から100年後、このあたりの風景はどのようになっているのか…

先人の偉業に心の中で頭を垂れつつゴルフ場や杉林の間を進む。上り勾配の負担を脚に心地よく感じつつ数キロ走ると、やがて道は下りとなる。湖尻は近かろう。

その予感通り、右手に箱根湖畔パブリックゴルフ場を迎えた地点で広い通りにぶつかり、眼前には朝もや立ち上る芦ノ湖が広がった。

仙石原への帰路は桃源台とを結ぶバスも通う一歩道を進む、箱根パレスのあたりで晴れ渡る空と真っ白な富士を拝んだ後はひたすら駆け下る。

気持ちの良い11キロであった。
月曜のいま、会社に向かう満員電車の中で座席を確保してこの日記を付けているのだが、目を閉じればブルーマンデーもどこへやら、である。

ではしばし、おやすみなさい。
posted by いつかはシャマル at 10:14| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

大田原フルマラソン2012

一昨年始めて参加したこのレース。2年ぶりである。

とにかく最近、走っていない。
この11月もここまで50キロ程度という体たらくである。

明らかに自分の走力は、
相対的に落ちていると感じていたので、
一昨年と同じ程度、サブ3.5を目安に(5キロ)ラップ24〜25分程度で30キロを迎え、そこからあげられるだけ上げて行こうと考えていた。

当日はあいにくの雨模様。気温は摂氏5度程度。下は相変わらずランパン一枚だが、上は勝田全国でもらった長袖シャツにした。あれは重宝する。
今年の勝田全国は気が付いたら締め切りになっていて参加できないが、しかしあの大会も増えすぎた参加者に対応しきれずスタートの混雑などにより魅力が半減してきているのは残念だ。

閑話休題

大田原も参加者が増えていると聞くが完走証によればマラソン男子の部は参加者数3464人だ。
やれ何万人を超えたといって喜んでいる他の大会と比べればなんと走りやすい事か。やはり制限時間4時間という潔さが素晴らしい。

今年試しに陸連登録してみたおかげで、今日は前方からスタートして良いという。それでも遠慮してスタートラインの5mほど後方に並んだ。

スタート

驚いた。みんな速いのだ。
いきなりキロ3分台かというスピードで飛び出してゆく…
大田原ではサブスリーが当たり前なのだな、と実感した。
現にレース後の掲示では、たしか男子の250位までが3時間を切っていた。

ずんずん後方に下がるも、最初の1キロのラップはたしか4分10秒を切っていた。

キロ5分と考えていた人間がこれではいくらなんでも早すぎる。
しかし一旦動き始めた脚は勝手に前を目指す。
困ったものである。

とにかくジワジワとペースを落として行こうと考えながら走っていた7キロ過ぎ、後方から大きな足音が近づいてくる。
何かと思って道を譲ると、3時間のペーサーとそれにつく集団であった。

ここでさらなる葛藤がおきる。
サブスリーなどできようはずも無いのだから、ペースを落として彼らから離れるか。
行けるところまで付いて行くか。

結局、行けるところまで付いて行く事を選択。
まぁ、普通そうなるよね。

案の定、ハーフまでは楽しく、30キロ手前まではなんとか追走できたが、そこでおしまい、であった。

30キロから40キロの10キロのスプリットは51分50秒。30キロまでと比べると9分ほど落ちている。

40キロの通過がほぼ3時間だったのはなんとなく可笑しかった。

ゴールは3時間13分26秒
ひとまず自己ベストであった。

しかし、40キロ以降に約13分かかっている。これをせめて11分にできれば…

上記の通り30〜40キロスプリットが30キロまでのそれと同じであれば、9分の短縮。これと合わせて11分縮められる。まだサブスリーには届かないが、それで3時間2分台となればもう一踏ん張りだ。

さて、どうするか。

走るしかありませんね。

久しぶりに前向きな自分である。


本日もチップを無事にゴールまで運ぶことが出来ました。皆さん、ありがとうございました。
posted by いつかはシャマル at 23:14| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

大田原マラソン出まーす!

今月1日から昨日16日までの累積走行距離 48.68 km
このままでは月 100キロにも届かないペース。
ランナーを自称できなくなってしまう瀬戸際か。

今日は雨を言い訳にサボりたい気持ちを抑え、
なんとか約14キロほど走った。

23日参加予定の大田原フルまで1週間。
これはサボらず出ますよ!

と自分を鼓舞してみる(笑)

明日も10〜15キロ程度走って、あとは4日間休足。

大田原は、キロ4:50〜5:00で入って30キロまで我慢。
そこから脚が残っているかどうか。

目標はサブ3.5といたします。
posted by いつかはシャマル at 15:05| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする