2013年09月01日

松戸七草ハーフ! マラソン

ついに来た!
毎年1月初旬に行われている松戸七草マラソン大会。
最長種目10キロであったこの大会が、
来年はハーフマラソンを用意して開催されるという。

松戸市HP紹介ページはこちら

一昨年のことだったか、
松戸市役所の中途採用試験を受けたのだが、
そのとき提出した作文に、松戸七草マラソンをハーフの大会にしてはどうか、
と書いたことを思い出す。

あれはどんぴしゃり、だったんですね(笑)

近隣のハーフマラソンとしては、柏市と我孫子市にまたがる地域で、
手賀沼エコマラソン、が例年開催されている。
松戸の七草がハーフになれば、これに劣らぬ人気を集めるだろうと愚考したのだった。

しかし、手賀沼ハーフにも1度参加したが、
そのあまりの人の多さに辟易し、もうエントリーする気は起こらない。
松戸もきっと、その大会運営は大変なことになるのではないかと、
他人事ながら少し心配になる。

まぁそのあたりは心得ているらしく、
あちらの定員は8,000人だが、松戸は3,500人となっている。
それでも去年の10キロは申し込み人数が1,800人余りなのでほぼ倍増である。
どんなことになるやら…

ともかく、申し込み開始初日の今日、早速エントリーしましたよ。

しかし松戸市には、例えば市民優先枠とか、
住民税もろもろの納税者に対して少しは気を遣ってほしいものである。
例えば守谷市の守谷ハーフはそういうサービスがあるようだし…
だいたい公園や公共施設の運営などを見ててもワキが甘いのだ松戸市は、ブツブツ…

閑話休題

ランネットからのエントリーはこちら
【アフィリエイトありませんw】

コース図(こちら)を見ても苦心の跡がうかがえる。

小金原団地の中をどれだけ折り返すの?w

21世紀の森と広場をつっきる3・3・7号線をコースにとりいれたのは立派だが、
片側だけでも交通規制できるんだろうか? まさか歩道を走らせないよね??

色々な意味で当日が楽しみである。まぁ来年の話しなんで鬼に嗤われますけどw

さらに余計なことであるが、コースのど真ん中に位置する千駄堀は、
なぜか急転直下、市立病院が移転することになった予定地である。
小中学校にエアコンすらすぐに設置できない貧乏自治体が、
100億円以上の借金をして新病院をぶち建てるという計画がいつの間にか市議会を通過したらしい。
しかも当初予定されていた東松戸とは別の地にである。
たしか、この市立病院問題が争点になっていた3年前、現市長の公約は現地建て替えだったはず。
少なくとも100億円の借金を許容するようなタイプの政治家とは思えなかったのだが…

まぁいいや。

今日はサボってしまったが、明日は走ろう!
生きねば.jpg
posted by いつかはシャマル at 17:51| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

いつの日か六甲縦走を!

ひょんな事から有馬温泉に連泊する機会を得た。
そこで中日の今朝に軽くトレイルジョグ。

まずは宿の目の前、有馬稲荷にお参り。

image-20130729231604.png

朝の7時前であったが下り道で小雨をよける傘をさした令嬢と挨拶を交わせたのは僥倖であった。

有馬からの登山道入口。
炭酸泉に虫や鳥が殺られたという、虫地獄・鳥地獄がスタートである。

image-20130729232051.png

久しぶりの山道なので、若干方に力が入ってしまった。

かつてトンネルがあったという

image-20130729232244.png

こんな場所も経由して六甲山最高点へ


image-20130729232332.png


image-20130729232354.png

下るときに気付いたのだが、三日坊主の自分が唯一ランニングだけは続いていると言って恐らく恥ずかしくないであろう事の理由は、
走る事は、
@ 気持ちいいから
A ゴールがあるから

にある。

逆にいえば、物事をそういう風に捉えれば、三日坊主に終わらずにすむ、という事になろうか。

有馬の山に降りしきる雨音、風の唸りを聴きながらもの思う夜である。




posted by いつかはシャマル at 23:29| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

富士登山競走DNE(do not entry)

本日午前零時が今年の富士登山競走のエントリー受付開始時間であった。
去年は私もその時間PC に貼り付いていたのだが、
今年は前日の佐倉健康マラソンがもたらす眠気に逆らわず、10時には休んでしまった。

しかし明け方の夢には、
富士登山競走受付終了の告知画面を見て落胆する自分が登場。
午前4時前に起き出してPCのスイッチを入れる。

正夢であった。

しかし、夢の中の自分のように、ガッカリはしなかったが。
深夜に起きて時間がくるのを待ち、一斉にエントリーした皆さんの熱意に頭が下がるばかりである。

むしろ、今年は止めようかと考えていた
同じ富士吉田で開催される
8月火祭りロードレースを目指して走り込むのも悪くない。
また改めて、一歩ずつ頂上を目指すことだ。

24日の佐倉マラソンは
前半の設定ペースキロ4:30が、
練習不足の身には速すぎたようである。
35キロで後ろから来た女性ランナーとの競り合いに完敗した直後、
例によって気持ちが切れレースは事実上終了。
歩いてしまうことだけは避けたが、
残る8キロは整理体操に当てることになってしまった。

3:35:01

良い練習となった。

まぁ、ぼちぼち走り続けるとしよう。


posted by いつかはシャマル at 08:03| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

怠け心

今朝は時間に若干余裕があったので、
少しでも走ろうと思っていた。

しかしいざその段になると、
億劫である。

そんなとき、ふと思い出した話しがあった。

瀬古利彦さんが現役のころ、
村上春樹が彼にこう聞いたそうだ。

瀬古さんぐらいになると
毎日のトレーニングを
億劫だなんて思わないんでしょうね?

瀬古さん曰く

何言ってんの、
僕だって毎朝シューズを履くとき、
嫌で嫌で仕方がないよ、
もう走るのなんかやめたいって思うよ。

村上氏のエッセイにあった一節である。
うろ覚えだが、
だいたいそんな話しだったと思う。


怠け心を騙し騙し12キロほど走って、
いま仕事先に向かう電車に乗っている。

混み合う車中の人々は
コートにマフラーとまだ完全装備。

ジャケット一枚の自分は
多少浮いている感があるが、

独りささやかな優越感である。



posted by いつかはシャマル at 09:14| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

リードにちゅうい

連休中は仙石原に滞在。
一昨日と昨日は、
早朝、仙石原から芦ノ湖の湖尻まで、
山坂道を往復した。
わずか10キロ弱ではあるが。

これは一昨日の朝、
箱根パレスの駐車場から。

image-20130212073901.png

今朝もこれを続けるべく、
暗いうちから走りに出た。

9キロほどの道程の中間地点を過ぎたあたりで
前方に犬を散歩させる人が歩いていた。

右手に挟まれた煙草の火が見えたので、
左側からパスすることに。

近づいて行くと彼は、
犬と共に心持ち左による動きを見せたのだが
私は予定通りその人の左側に身体を入れ、
前を歩く犬との間を右前方に抜けようとした、

と、太腿になにか食い込むものがある、

あ〜!

っと犬の散歩のおじさんが小さく声を上げる。

リードである。

まだ道は薄暗かったので、
私の目には躾の良い犬がリードなしで歩いているように写っていたのだ。

やむなく地面に膝と手をついてストップ。

犬とおじさんに声をかけてリスタートした。

煙草が嫌でも、やはり犬のいない側から行くべきであった。

皆さんもお気をつけ遊ばせ。
posted by いつかはシャマル at 07:57| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする