2017年08月23日

クーペ407(その1)

8月初旬、新しい相棒がやってきた。
平成18年式 プジョークーペ407 モロカン・レッドである。

いつもの中古車屋さんでは、最近プジョーの在庫が目につく。
なんで最近プジョー屋さんになってるの? と社長に訊いたら、
「はは、プジョー(オークションで)安いっすから。」
また身も蓋もない、アニキらしい答えである。

安く仕入れて高く売るのが商売の基本だろうが、
安く仕入れたら安く売るのがアニキのアニキたる所以だ。

幌の不調が続く916スパイダーとの別れを決心した7月、次のクルマを探していて、
アニキの店で一番気になったのが、このクーペ407だった。

鍵を借りてドアを開け首をつっこむと、
そこには予想以上に雰囲気のある空間が広がっていた。
ワインレッドの革を贅沢に用いたその内装を、
インテグラルレザー仕様と呼ぶことは後に知ったが、
まさに車内は「総体革づくし」といった趣。
加えて、おごられたステッチの一つもほぐれちゃいない。

思わず、試乗をお願いしたところ、
図体が大きい割に取り回しも楽で、ものすごく「普通」。
すでに3年ぐらい乗り回した愛車の感覚であった。

助手席の社長にそう伝えると、それって良いんだか悪いんだか、と苦笑しつつ、
「フランス車ってみんな乗り心地もこんな感じですよ。シトロエンとかもね」とアニキ。
本来アルファロメオ派の社長は、
クーペ407のフィーリングを必ずしも肯定的に評価していない様子だが、
その実、フランス車にも目がなく、
新しいところではC6、ネオクラ領域ではXMあたりも扱っている。
その言葉に間違いはないだろう。

C6やXMにも憧れるけど、
それに比べたらはるかに敷居の低いこのクーペでその感覚が体験できるなら、
かなりお買い得である。

その乗り心地。硬いか柔らかいかと言われれば、圧倒的に柔らかい。
第一印象としては、捉えどころがない、という感じである。

個人的には、プジョーは魅力を感じつつも、縁のないブランドであった。

子供の頃、自動車雑誌で見かけた405MI16に強く惹かれ、
もう20年以上前になるが、406や306のブレーク、
それにMTモデルの406スポーツなどにディーラーで繰り返し試乗させてもらった記憶がある。
しかし、なぜか購入には至らなかった。

ここで、この縁を掴んでみるのも悪くない。

店に戻り、そのスタイル自体が一時代前の価値観を象徴するような、
重量感のある2ドアクーペボディの周りを一回りしてから、
購入する意思をアニキに伝えた。
posted by いつかはシャマル at 06:25| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: