2017年01月09日

鬼の霍乱

昨晩はなんだか背筋がゾクゾクして、9時前に布団に入った。
そのままなんと12時間ちかくも雨音を聞きながらウトウトし、
流石に寝るのにも飽きて9時過ぎにリビングへ。

ドアを開けると、受験を目前に控えた小6の娘が部屋の隅で机に向かっていた。
本番は朝が早いので5時に起きて勉強をしてるのだという。
自分が彼女の父親なのか、いささか自信を失った。

どうにもだるさが消えないので、試しに体温計を脇に挟んでみる。
簡易測定の体温計が10秒後に示したのは38度1分。
5分計で計り直してみたが、確かにそのくらいあるらしい。

鬼の霍乱である。

熱があるのを幸いと、ベッドを出たり入ったりしながら、
完全に無為な時間を過ごすことにする。
贅沢な休日となった。

午後3時頃、ようやく雨が上がり薄日がさして路面が乾いてきた。
再び検温してみるとまだ38度以上をキープしていたが、
ほんの少しだけ、916スパイダーを転がすことにする。

首にきっちりとマフラーを巻きダウンにくるまって、熱を帯びた身体を運転席に滑り込ませる。
ロックのかかったステアリングをわずかに動かしつつイグニッションを捻れば、
ツインスパークは一発で目を覚まし、乾いたリズムを奏で始める。

昨年末、お台場の某正規ディーラーでの12ヶ月点検を奢ってきた916は、
極めて優れた体調であるはず。
ドライバーの風邪が染らないように祈るばかりだ。

気温もさして低くないので、アイドリングも2分30秒ほど。
水温計が動くのも待たず、クラッチをつなぎ少し大きめにアクセルを開く。

タンポポの種が貼りついた幌も閉めたまま、
近所をほんの10キロ程度のドライブではあったが、
ステアリングやシフトレバーと対話をしながらの時間は、またとない思い出となった。


38度以上の発熱をした状態で916スパイダーを運転したことある人って、
世界に何人いるだろうか?

posted by いつかはシャマル at 15:52| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: