2017年04月07日

桜咲く

咲き誇る桜を目にすると、
来年もこの花を見られるだろうかとふと思う。

土手を美しく染める菜の花にも、
街角の匂い立つ沈丁花にも感じない、
独特の思いを呼び起こす力が桜花にはあるようだ。

今朝は平日にもかかわらず、
自宅近くで10キロほどのジョギングをする時間が手に入ったので、
ふと思いついて、
そのうち4キロほどは桜並木というコースを選択した。
まさに桜花爛漫の下を走る。
こんな贅沢なジョギングの機会は、この人生であと何回あるだろうか。

そんな今日は、娘の中学入学式。二親そろって学校にお邪魔した。

新入生ひとり一人の名前が呼ばれたのち、
校長先生の「入学を許可します」との言葉を耳にした時には、
自然に熱いものがこみ上げてきた。
まだ幼い娘がここに至るまでの道は決して平坦ではなく、
それを乗り越えて掴んだ幸運は、紛れもなく彼女の意志と努力の賜物だと思えたから。
それとともに、
これからいかようにも未来を描き得るまっさらなカンバスを抱えた子供たちの姿と、
その子らを、伝統とたゆまぬ研鑽を元に、胸を張って迎える学校の姿勢に、
心を洗われる思いがしたから。

サクラサク

桜の花を、自分があと何回目にすることが出来るかはわからないけれど、
毎年桜は、新しく美しい花を誇り続けるだろう。
そう考えると、なんだかほっとするじゃないか。
posted by いつかはシャマル at 21:25| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする