2017年02月05日

戦いすんで

娘の中学受験終了から3日が過ぎた。
特にここ数か月は気持ちも生活そのものも受験一色だったので、
なにやらまだ、ふわふわした気分が続いている。

中学受験は親子の二人三脚と良く言われるが、
現代の中学入試では現実に、
12歳の子供たちが、私が卒業した中堅私大の入試問題より
断然難しい問題を巡って真剣に競争するのである。
何らかの形で親が関与しなければ合格はおぼつかないことはたしかで、
二人三脚であったかはともかく、
私も子供の足を引っ張らないようにだけは気をつけたつもりだ。

その経験を通じて、子供は明らかに毎日目に見えて成長した。

それでは、親である自分自身はどうだろうか…
ほんの少しだけ、忍耐強くはなっただろうか。

45歳という節目を過ぎ、肉体的な衰えを実感する昨今であるが、
これから新たな学び舎を得て羽ばたこうとする娘のためにも、
あと10年、いや少なくとも15年くらいはしっかりと稼がねばならん。

明日は月曜日。
気持ちを切り替えて職分に勤しむべし。

posted by いつかはシャマル at 19:12| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

孝行娘!

今日、2月2日、娘の中学受験が終了した。

親バカを承知の上で告白すれば、
これまで45年間あまりを生きてきた中で、最も嬉ばしい日である。

そんな日に導いてくれた娘は、なんと親孝行なのだろう…

はい、全くもって親バカです(笑)

午前中は第2志望校の試験。
午後2時に、昨日受験した第1志望校の合格発表掲示。
午後7時に、今日の第2志望校のWeb発表。
という、慌ただしい日程であった。

いやあ、我が娘ながらやってくれました。


おやすなさい。
(2/5 一部削除・修正しました。)
posted by いつかはシャマル at 22:51| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

道にただ

今日は娘の第一志望校の試験日。
付き添いは母親の担当、私はいつも通り会社に。
やはり娘の事が頭を離れない。

昼休みには近所の神社にお礼参り。

受験そのものは現在進行形であるが、
結果はどうあれ、
ここまでの道を娘が乗り越え、この日を無事迎えられた事に感謝。

12:40 娘の筆記試験終了の時刻、
私は筑土八幡神社にて手を合わせていた。

ふと目を開けると、賽銭箱の前のチラシにこうあった。

「道にただ身をば捨てんと思いとれ 必ず天の助けあるべし」

室町時代末期、薩摩島津家中興の祖とされる島津日新公が、
人の道を詠んだ「いろは歌」の一つだそうである。

娘が自らの「道」を見出してくれさえすれば…
できの悪い父親のただ一つの願いである。

posted by いつかはシャマル at 22:17| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする