2014年02月26日

『マラソン中毒(ジャンキー)』→ 道志村トレイル ノータイムポチリ

『マラソン中毒(ジャンキー)』読了。
目下、アジアのベンチャー企業への投資事業に携わる、
小野裕史氏が、ランニングに目覚めてから4年ほどの間に、
北極・南極、ゴビ・サハラそしてアタカマ砂漠マラソンを完走するまでの一連の物語。

勤務会社の大先輩女性が、ご近所の図書館でたまたま借りた物を
私がランニングを趣味としていると知って好意で又貸ししてくださったもの。
まずはそのお気持ちに感謝である。

で、この小野氏 なかなかの器と見た。

・細かいことにくよくよするな
・見る前に飛べ(ノーポチ(深く考えずにネットでポチっとエントリーすること)
・仲間、絆、こそ大切

こういったありふれた(失礼)教訓めいたものも、
この本を通じて聞くと心を打たれるのだ。

何のために走るのか…

明確な答えのなかったその問いにも、
この本のおかげで答えを見つけられそうである。

早速実践、ノーポチ!
5月11日 道志村トレイルにエントリー 完了!







posted by いつかはシャマル at 23:02| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする