2017年09月23日

藤川球児の笑顔

今週の火曜日、祝日明けの出勤初日、
あまりにも気持ちが下がってしまったので、気合いを入れるべく出勤ラン。
しかし、走っても走っても、枯れた井戸からは、なかなか水が上がらず。
地面から染み出してくるものをハンカチで吸い取るようにして1日を過ごした。

翌日は、前日よりは脳内のドパミンも豊富だったのだろうか。
同じく出勤ランをしたが、気持ち良く20キロ近く走ることができた。

閑話休題。
いずれの日も、隅田川テラス、桜橋のほんの少し南側、長命寺桜餅の前あたりに、
白黒ブチの猫が寝そべっていた。
その30センチもない鼻先を足音をたてて通ったのだか、
かの猫殿は全く無反応。
大した腹の太さだと心から感心した。

今日は土曜日、休日。
昼前に走りに出たのだが、
兎に角、面倒臭い、という気持ちが心を支配し、
メンドクセェ! と叫びながら土手を走った。

そんな今日、神宮球場でのヤクルト・阪神戦は、8対1と阪神リードの9回裏、
藤川球児がマウンドに上がった。

最後の打者を見逃し三振に打ち取る。
ゲームセット!

posted by いつかはシャマル at 22:27| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

羨ましくない

 河合隼雄さんの『こころの処方箋』(新潮文庫,1998年)をパラパラとめくっていたら,「羨ましかったら 何かやってみる」(p198-201)という項が気になった.要約・引用するとこんな内容だ.

 羨ましい,というのはネガティブに思われる感情だけれど,だからといって抑え込もうとするのではなく,それと認めて思いを巡らせてみると,案外見えてくることもある.
 羨ましいというのは,自分が持っていないものを他人が持っているところに生じる感情だけれども,そのようなときに「必ず」生じるとは限らない.そこに何か「プラスされるX」が無いと生じないものである.
 例えば,河合さんの下にカウンセリングを受けに来た人で,スポーツのできる弟に羨ましさを感じるという人がいた.その場合,特に弟に対してその気持ちを持つ,という点に「X」が潜んでいるのだと河合さんは分析する.実際,話が進んでいくと,その人の弟はスポーツマンであるが故に有利な就職ができたが,そのような才もない自分は,縁故も得られずに不利な職場に就職した.だから「自分は現在の職場でやり抜かねばならないことがあるのに,それが嫌でやっていない」という風なことが出てくる.このように,羨ましいという感情に伴って意識されてくる部分は,特に「開発を待っているところとして,うずいていることを意味しているのだ.」
 だったらそれをやれば良いではないか.それはなかなか困難なことではあろうが,愚痴を言ったり,他人の足を引っ張ったりしているよりはまだマシではないか.
 
 なるほど,と我が身を振り返ってみて少し不思議な気持ちに襲われた.今の自分にとって何が,誰が「羨ましい」のだろう・・・と考えてみると,自分の中に「羨ましい」という感情が見当たらないように思われるのだ.もちろん,お金があればすぐに会社を辞められるだろうし,マセラティシャマルを買うこともできるだろう.その意味で,金持ちは羨ましいけれど,資産家はそれを維持する苦労があるだろうし,宝くじに当ったらと考えても「宝くじに当った人の末路」という本が出ているくらいだから結局はロクなことが無いだろうし・・・そもそも宝くじなんて買おうとも思わないし・・・

 得度したわけでも解脱したわけでもないので,他人を羨む気持ちもきっと自分の中に渦巻いているはずなのだが,なんだっけ? 「羨ましい」って.

 そういえば先日,文脈は忘れたけれど,中学生になったばかりの生意気盛りの娘に「パパの人生って余生みたいなもんだよね.」と言われたことを思い出す.余生を送る人間が他人を羨んだって仕方ないものね.「羨ましい」という感情も,その状況を変えたいという欲求と変えようとするパワーがあってこそ生じるものなのかもしれない.
posted by いつかはシャマル at 00:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

大飯の海

ふとしたきっかけから、2泊3日で、福井県大飯町の、ホテルうみんぴあ大飯に滞在。
気のおけない友人と三方の天然うなぎを喫し、嶺南の山間でゴルフを楽しむ、日常を離れた贅沢なときを過ごすことができた。

朝は2日ともホテルを起点にジョギング。

初日は大飯原発へと繋がる青戸橋を渡り、時間の制約から原発手前4キロほどの地点で折り返しての14キロ。
穏やかな美しい若狭の海を横目に愛でつつ、山間を貫くトンネルを2つくぐり、大飯原発方面へと出勤する人びととすれ違いながらのジョグ。

朝のテレビニュースでも、大飯原発再稼働関連の話題が取り上げられていたが、この地では嫌でも原発の存在を意識させられる。

今朝も橋へと向かったのだが、風が強く、50センチほどの幅しかない歩道を走ることには、車道によろめくリスクを感じたので、やむなくホテルの周囲に戻った。

海岸沿いには板敷きのゆったりとした遊歩道が設けられていて、気持ち良く走ることができる…

のだが、いかんせん山と海の境目に忽然と埋め立てにより姿を現したこの「うみんぴあ大飯」という総合レジャー空間は、たかだか500m四方しかない。

目の前の国道は危なくて走れないので、やむなくこの閉ざされた空気の中をグルグルと回ることに。

まるでトレッドミルのようじゃないか。

どこかにたどり着くという小さな希望もなく、唯ジムの淀んだ空気の中でゴムの臭いを嗅ぎながらローラーを踏む。
トレッドミルというやつは、どうにも苦手である。

今日の小浜湾も、少し波頭が立っているとはいえ美しいエメラルドグリーン。
海風を浴びながら反発力のある遊歩道の板敷を気持ち良く蹴る…

しかし、ほんの数分で行き止まりにぶつかり、折り返す、また行き止まり、また折り返し…

終わらない石運びをさせられたという、ギリシア神話のシジュフォスほどではないにせよ、これは一種の苦行である。

原発が作られる前、この海は地元で魚を捕ったり、真珠を育てたりする人達だけが静かにその営みを繰り返す場所だったはずである。

原発が出来てから、造られた橋を渡って、毎日毎日、その仕事のために人々が行き交う海になった。

そして、よそ者の自分も、人口の海辺をひたすら行き来して、カロリーの消費にこれ勤めている。

どの行為にも、結局は意味なんてないのかも知れないけれど、人間本来の自然な営みと、人間の愚かしさが作り上げた虚構の中での空しい日々の繰り返しとの違いが、そこにはあるように思えるのである。

ホテルうみんぴあ大飯の窓辺から、朝焼けの小浜湾
9A7164CB-18F7-488B-AB7F-2CE43764605E.jpg

posted by いつかはシャマル at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

クーペ407(その1)

8月初旬、新しい相棒がやってきた。
平成18年式 プジョークーペ407 モロカン・レッドである。

いつもの中古車屋さんでは、最近プジョーの在庫が目につく。
なんで最近プジョー屋さんになってるの? と社長に訊いたら、
「はは、プジョー(オークションで)安いっすから。」
また身も蓋もない、アニキらしい答えである。

安く仕入れて高く売るのが商売の基本だろうが、
安く仕入れたら安く売るのがアニキのアニキたる所以だ。

幌の不調が続く916スパイダーとの別れを決心した7月、次のクルマを探していて、
アニキの店で一番気になったのが、このクーペ407だった。

鍵を借りてドアを開け首をつっこむと、
そこには予想以上に雰囲気のある空間が広がっていた。
ワインレッドの革を贅沢に用いたその内装を、
インテグラルレザー仕様と呼ぶことは後に知ったが、
まさに車内は「総体革づくし」といった趣。
加えて、おごられたステッチの一つもほぐれちゃいない。

思わず、試乗をお願いしたところ、
図体が大きい割に取り回しも楽で、ものすごく「普通」。
すでに3年ぐらい乗り回した愛車の感覚であった。

助手席の社長にそう伝えると、それって良いんだか悪いんだか、と苦笑しつつ、
「フランス車ってみんな乗り心地もこんな感じですよ。シトロエンとかもね」とアニキ。
本来アルファロメオ派の社長は、
クーペ407のフィーリングを必ずしも肯定的に評価していない様子だが、
その実、フランス車にも目がなく、
新しいところではC6、ネオクラ領域ではXMあたりも扱っている。
その言葉に間違いはないだろう。

C6やXMにも憧れるけど、
それに比べたらはるかに敷居の低いこのクーペでその感覚が体験できるなら、
かなりお買い得である。

その乗り心地。硬いか柔らかいかと言われれば、圧倒的に柔らかい。
第一印象としては、捉えどころがない、という感じである。

個人的には、プジョーは魅力を感じつつも、縁のないブランドであった。

子供の頃、自動車雑誌で見かけた405MI16に強く惹かれ、
もう20年以上前になるが、406や306のブレーク、
それにMTモデルの406スポーツなどにディーラーで繰り返し試乗させてもらった記憶がある。
しかし、なぜか購入には至らなかった。

ここで、この縁を掴んでみるのも悪くない。

店に戻り、そのスタイル自体が一時代前の価値観を象徴するような、
重量感のある2ドアクーペボディの周りを一回りしてから、
購入する意思をアニキに伝えた。
posted by いつかはシャマル at 06:25| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

黄色いシャツの先輩

今朝は珍しく、都内の事務所までクルマで出勤した。

お盆が明けて週も改まった月曜、都県境の渋滞は予想通り重症であった。
イライラしても仕方ないので、
前オーナーがミュージックサーバに遺してくれた、
Cubic U/Close to youを聴きながら、ノンビリと曇天の江戸川を渡る。

ふと、大きなリュックを背負って歩道を走る黄色いシャツ姿の男性が視界に入った。
私よりは少々年かさのようだが、
なんだか出勤ランの自分を眺めているような気分である。
自分の場合は、黄色いシャツではなく、黄色いパンツがトレードマークなのだが。

しかし、このペースだったら、実際のところ、ぼちぼちでも走ったほうがはやい。

少々流れたり、また渋滞したりしながら、ようやく荒川を渡る四つ木橋にさしかかったとき、
江戸川で見かけた先輩をまた視界にとらえた。

FullSizeRender-2.jpg

あれから小一時間。距離にして約10キロ。
先輩はキロ6分ペースで淡々と走り、先行していたものとみえる。
ブラボー! 先輩
どこかでまた、お会いできるに違いありませんね。

Why do birds suddenly appear
Everytime you are near
Just like me





posted by いつかはシャマル at 23:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする